BLOG.tass.io

諸事あってCentOS 6.2なんて古い環境を作ることになったのでメモメモ。

2016-05-13

こちらの「VirtualBox用のCentOS base boxを作ってGitHub Releasesで共有する」を参考にさせていただきました。packer-templatesbuilder typevirtualbox -> virtualbox-iso になってるところが変わったところ。

boxの作成

どうせなので、github上にpublicでboxを置くことにする

1. boxの作成

$ git clone git@github.com:kuronekomichael/packer-templates.git
$ cd packer-templates/centos-6.2
$ packer build -only=virtualbox-iso template.json

→しばらく待つと「centos-6-2-x64-virtualbox.box」が出来上がる

2. boxのリリース

まずはリリースのためのタグを打つ

$ git tag v1.0.0
$ git push --tag

ReleaseからDraft a new releaseを選択

  • 入力項目

    • Tag Version: CentOS6.2 @develop
    • Release Title: CentOS-6.2 minimal box
    • Describe this release: CentOS-6.2 minimal box
  • これが本題となるboxのアップロード

    • Attach binaries for this release by dropping them thereから、先ほど作った”centos-6-2-x64-virtualbox.box”をアップロード

ながーいアップロードの後、Publish releaseからリリース完了

リリース結果: https://github.com/kuronekomichael/packer-templates/releases/tag/CentOS6.2

以後は https://github.com/kuronekomichael/packer-templates/releases/download/CentOS6.2/centos-6-2-x64-virtualbox.box からboxがダウンロードできるようになる

Vagrantで起動

$ vagrant init centos6.2-minimal https://github.com/kuronekomichael/packer-templates/releases/download/CentOS6.2/centos-6-2-x64-virtualbox.box
$ vagrant up

Michael Kuroneko

Written by Michael Kuroneko. Follow me on twitter, github.