BLOG.tass.io

超小型Arduino互換ボード Adafruit Trinket を買ってみた

2014-11-29

極小サイズのArduino互換ボード「Adafruit Trinket」で遊んでみた記録です。
安価で、小さくて可愛い!! 公式サイトの情報も豊富で扱いやすい! でも、シリアルポートが無いけど…。(後述)

購入

スイッチサイエンスのオンラインショップで購入できます。(現時点で896円)
https://www.switch-science.com/catalog/1501/

adafruitの公式サイトから購入すれば、100ロットで$5.56で買えます。100個はいらんけど、10個は買ってもいいかなくらいw(●´ω`●) http://www.adafruit.com/products/1501

ハードウェア

Summary

overview condition


MCU Atmel ATtiny85 動作電圧 5V クロック 8MHz(16MHzに切り替え可) DC出力電流 150mA I/O GPIO5本、I2C/SPI使用可 Flash Memory 8KB (2.75KBはブートローダが使用するので、ユーザ領域は5.25KB) SPAM 512B EEPROM 512B

Pins

equipment description


miniUSB(B)コネクタ 電力供給、およびプログラムの書き込みに使用。 緑色LED 電源供給を示すLED。電源が供給されている間は常時点灯。 赤色LED(#1) ブートローダモードでは起動時に点滅して起動を知らせる。GPIO #1と直列接続してあるので、ユーザモードではオンボードのLEDとして利用可能。 外部バッテリーからの電源供給pin 外部のバッテリーからの電源供給用のpin。16V DC入力を受け付けることが可能。miniUSBとこのpinの両方から電力が供給される場合、どちらか電圧の大きい方に自動的に切り替わる。 USB電源出力pin 5V,500mA+のUSB電源出力が可能。 3V/5V電源出力 センサーや外部の小型モータに電源を供給できるpin。3.3Vもしくは5V出力が可能。 リセットボタン オンボードのリセットボタン。 外部リセットpin 外にリセットボタンを引き回したい時に使うリセット専用のpin。

GPIO

GPIO pin Digital (Read/Write) Analog Read Analog Write description


#0 0 Write A0 PWM出力、I2Cデータ, SPI入力 #1 1 Write A1 PWM出力、SPI出力、オンボードLED接続(13) #2 2 Read A1 アナログ入力A1、I2Cクロック、SPIクロック #3 3 Read A3 USBプログラミングに利用可 #4 4 Read A2 Write A2(custom) USBプログラミングに利用可、PWMアナログ出力

制限

下記の制限がありますのでご注意ください。

  • シリアルポートが装備されていません!!!\

    シリアルモニタはもちろんのこと、USBを介したホストPCとのシリアル通信が使えません。PCやRespberry Piと接続してインタラクティブに動作させようと思っている場合には致命傷。

  • USB3.0では接続できないことがあるそうです。間にUSB2.0のハブを噛ませてあげればOKとのこと。

プログラミング

専用の設定ファイルを導入することで、AVRdudeとArduino IDEで開発ができます(´ω`)

(その1)てっとり早くスケッチを作成する方法として、adaruitのサイトからカスタマイズ済みのArduino IDEをダウンロードすることができます。(OSX/Windows/Linux 32-bit/Linux 64-bit)
https://learn.adafruit.com/introducing-trinket/setting-up-with-arduino-ide

(その2)マニュアルで、既にインストール済みのArduino IDEを、ATtiny85に対応させる方法もあります。\

ただし、hardwareディレクトリに配置したり、avrdude.confを入れ替えたり、idリンカを入れたりしないといけないので超面倒です…。 https://learn.adafruit.com/introducing-trinket/setting-up-with-arduino-ide#step-1-add-attiny85-support


Michael Kuroneko

Written by Michael Kuroneko. Follow me on twitter, github.